「コラム」の記事一覧

埼玉愛たっぷり 大麦サラダ

埼玉は食の王国。そう感じたのは、JR大宮駅から徒歩で十数分、氷川参道のそばの「デリカ」で食事をしていた時のことだ。食材はすべて埼玉産で...

2019.12.05

口溶けさらり 上品なあん

「北鎌倉儀平」(2014年開店)の名物は「うすかわ饅頭(まんじゅう)」である。中のこしあんが透けて見えるほどの薄い皮で包んでいる。皮は...

2019.12.04

こぐれひでこの食悦画帳 カブとハムのグラタン

「日本書紀」の中にカブの栽培が推奨されたという記述が残されていると聞いた。その頃、すでにカブという野菜は庶民にも知られていたのだろうか...

2019.12.03

キノコとチーズ 香り豊か

イタリア最北端。アルプス山脈の南側に「南チロル」と呼ばれる地域がある。南チロルで修業し、その味を伝える店が東京・豪徳寺にあると聞き、「...

2019.11.21

身ふっくら濃厚な脂

冬が近づき、東北地方のおいしいものが色々と出回り始めている。今回、紹介するのは、宮城県石巻市にある「渡冷(わたれい)」の「金華塩さば」...

2019.11.20

こぐれひでこの食悦画帳 柿とシュンギク ゴマあえに

小学生の頃、秋には写生会があった。学校近隣の風景を写生するのだが、取り立てて絵心がくすぐられる風景ではなかった。ただ一つだけ、私をひき...

2019.11.19

十割そば 至福の締め

高校生の頃、小説家、池波正太郎さんの食のエッセーに心酔し、とっくりとおちょこを脇に、そば屋で文庫本を開くのが粋だと思っていた。大人にな...

2019.11.14

食感絶妙の皮とあん

宮崎県西都市の和菓子店「水野屋」(1913年創業)の「黒豆ボーロ」は、黒豆ならではのねっとりとした食感が楽しめる菓子だ。黒豆好きの4代...

2019.11.13

こぐれひでこの食悦画帳 酸味上品 サンマ混ぜごはん

今年はサンマが不漁だと秋になる前からニュースで聞いていた。数年ぶりのように聞こえるが、去年も一昨年も、もしかしたらその前の年も、そんな...

2019.11.12

親子合作 海老しんじょ

看板のトンカツを中根康孝さんが揚げ、すしを息子の康太郎さんが握る。職人2人が仲良く板場に立つ東京・浅草の「中根」は、トンカツやすしだけ...

2019.11.07