体に優しい朝の白粥

朝の通勤で人々が行き交う、JR御徒町駅近くに、北京の風景が交わる一角がある。そこは駅からほど近いガード下にたたずむ中国料理店「老酒舗(...

2020.01.23

読者会員限定です

読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

会員未登録の方

読者会員登録をして、記事を読む
(登録・利用無料)

よくある質問はこちら

読者会員の方

記事が読めなくなった場合は?

一般会員登録はこちら(無料)

一般会員でも楽しめる一部の記事閲覧と、クーポン・チケットストア・よみぽランドなど、お得なサービスが受けられます。

お試し新聞お申し込み[1週間無料]

KODOMO新聞中高生新聞も好評です!

あなたへのおすすめ記事

粗びきパティ うまみあふれ

素材や作り方にこだわったグルメバーガーが人気だ。海外から上陸した店は、おしゃれだったり迫力満点だったりと華やかな魅力にあふれているが、...

2019.06.27

くわ焼きと日本ワイン

日本ワインを飲みたい、とお薦めの店を聞かれた時、真っ先に思い浮かぶ顔がある。東京・浅草にある「ラ・メゾン・ド・一升ビン」の女将(おかみ...

2019.07.04

様々な産地のそば 会席で

東京・中野坂上駅から徒歩約3分。住宅街の中の、看板のない民家で営むそば店「らすとらあだ」のうわさは、食通の友人たちからよく聞いていた。...

2019.08.01

しっとり 香る鶏ソテー

飾り気のない白シャツのような一皿である。静かなたたずまいからは想像できないおいしさに、打ちのめされた。鳥取県産の鶏むね肉を使った「大山...

2020.01.09

大地味わう そば2種

にわかに、“そばづいた”夏だった。今回は、長野県佐久市にある、知る人ぞ知る名店「職人館」を紹介したい。北陸新幹線の佐久平駅から30分ほ...

2019.08.29

鳴門金時でポテサラ

ポテトサラダほど、店の個性を映し出す料理はないだろう。旬の肴(さかな)と酒を楽しませる「はせ川」(東京都荒川区)の店主、長谷川翔(しょ...

2019.06.20