再加熱せず爽やか食感

外郎(ういろう)は各地に伝わっているが、ほとんどが小麦粉や米粉をベースにしている。室町時代より600年の歴史があるともいわれる山口県の...

2019.09.04

読者会員限定です

読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

会員未登録の方

読者会員登録をして、記事を読む
(登録・利用無料)

よくある質問はこちら

読者会員の方

記事が読めなくなった場合は?

一般会員登録はこちら(無料)

一般会員でも楽しめる一部の記事閲覧と、クーポン・チケットストア・よみぽランドなど、お得なサービスが受けられます。

お試し新聞お申し込み[1週間無料]

KODOMO新聞中高生新聞も好評です!

あなたへのおすすめ記事

ピーナツとゴマの力強さ

沖縄県・石垣島は、青い海に囲まれた八重山列島の島。郷土菓子の一つが「くんぺん」だ。1922年(大正11年)創業の「宮城菓子店」のくんぺ...

2019.08.07

後味すっきり 白いあん

創業95年を迎える鳥取県米子市の老舗和菓子店「つるだや」に、「甘爐(かんろ)」という銘菓がある。ふっくらと蒸しあげた薯蕷(じょうよ)ま...

2020.01.29

砂糖衣カリッ あん軟らか

食べるのがもったいない。京都の和菓子店「亀屋友永(ともなが)」の「小丸松露(こまるしょうろ)」を見て思わずため息をついた。小箱に梅の花...

2020.01.15

自慢のあん うまみ凝縮

和歌山県の「きたかわ商店」は100年以上の歴史のある製あん所である。自慢のあんを広く味わってもらいたいと「一寸法師」という菓子店を併設...

2019.10.30

野菜菓子「すみだ川」

江戸時代後期、まだ砂糖がとても高価だったころ、野菜の砂糖漬けは珍重され、時に薬のようにも扱われていた。やがて安価な砂糖が普及すると、野...

2019.03.15

砂糖蜜にショウガ ひりり

金沢市の郷土菓子に、小麦粉生地の表面にショウガ風味の砂糖蜜を塗った焼き菓子「柴舟」がある。その姿は柴を売りに来る川舟、あるいは小川を流...

2019.07.10