愛するモツ イタリア風に

これは、モツに恋した女性の物語。24歳でイタリア料理の世界に飛び込んだ渡辺マリコさんは、大衆酒場でおじさんに交じって飲むのが好きだった...

2019.10.10

読者会員限定です

読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

会員未登録の方

読者会員登録をして、記事を読む
(登録・利用無料)

よくある質問はこちら

読者会員の方

記事が読めなくなった場合は?

一般会員登録はこちら(無料)

一般会員でも楽しめる一部の記事閲覧と、クーポン・チケットストア・よみぽランドなど、お得なサービスが受けられます。

お試し新聞お申し込み[1週間無料]

KODOMO新聞中高生新聞も好評です!

あなたへのおすすめ記事

小魚の刺し身 苦みと甘み

キラキラと銀白に輝く小魚が皿の上で整列している。シコイワシ(カタクチイワシ)の刺し身「しこさし」(500円税抜き)。横浜・桜木町駅にほ...

2019.06.13

こだわり ミートソース

東京・新小岩の「フォークダンス」は、ミートソースに特化した専門店。「オーナーが子どもの頃に洋食屋さんで食べたデミグラスソースのおいしさ...

2019.09.12

大地味わう そば2種

にわかに、“そばづいた”夏だった。今回は、長野県佐久市にある、知る人ぞ知る名店「職人館」を紹介したい。北陸新幹線の佐久平駅から30分ほ...

2019.08.29

特別なお茶 スープに

今、日本で急激に進化しているのは中国料理だ。中国の各地に赴き、郷土料理を習得する若い料理人が増えている。注目店のひとつが、神奈川・藤沢...

2019.09.26

様々な産地のそば 会席で

東京・中野坂上駅から徒歩約3分。住宅街の中の、看板のない民家で営むそば店「らすとらあだ」のうわさは、食通の友人たちからよく聞いていた。...

2019.08.01

NY流ローストニンジン

東京・北青山の「ザ・バーン」に行った。名物は熟成肉の炭火焼きステーキだが、同じくらい強烈な印象を残す一皿がある。「有機ニンジンのロース...

2019.03.11