秘伝のタレ絡む「鳥重」

日本酒は約60種、焼酎は約80種、つまみはなんと200種以上!東京・東向島の「焼鳥(やきとり)鳥増」の店内には400枚近い短冊が貼られ...

2019.12.12

読者会員限定です

読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

会員未登録の方

読者会員登録をして、記事を読む
(登録・利用無料)

よくある質問はこちら

読者会員の方

記事が読めなくなった場合は?

一般会員登録はこちら(無料)

一般会員でも楽しめる一部の記事閲覧と、クーポン・チケットストア・よみぽランドなど、お得なサービスが受けられます。

お試し新聞お申し込み[1週間無料]

KODOMO新聞中高生新聞も好評です!

あなたへのおすすめ記事

体に優しい朝の白粥

朝の通勤で人々が行き交う、JR御徒町駅近くに、北京の風景が交わる一角がある。そこは駅からほど近いガード下にたたずむ中国料理店「老酒舗(...

2020.01.23

かぶりつけば肉ほろり

数十年前、ニューヨーク名物といううたい文句に心を躍らせたものの、期待が高まりすぎて、現地でピンとこなかった「パストラミ」。牛肉に香辛料...

2020.02.13

から揚げ ワサビで

「こんなお店が近くにあったらいいのに」。神奈川県茅ヶ崎市の日本酒バル「SAKEトト」は、私にとって、「近所に欲しい!」店である。店主の...

2019.05.16

ブルーチーズ味わい柔らか

東京・清澄白河は、小さいが個性的な店が点在する街だ。散策中に見つけた「酒と肴(さかな)ぼたん」もそのひとつ。ちょうちんの明かりに誘われ...

2020.01.02

愛するモツ イタリア風に

これは、モツに恋した女性の物語。24歳でイタリア料理の世界に飛び込んだ渡辺マリコさんは、大衆酒場でおじさんに交じって飲むのが好きだった...

2019.10.10

NY流ローストニンジン

東京・北青山の「ザ・バーン」に行った。名物は熟成肉の炭火焼きステーキだが、同じくらい強烈な印象を残す一皿がある。「有機ニンジンのロース...

2019.03.11