酸味包む もちもちの皮

知り合いが「おいしい和菓子がある」とわざわざ届けてくれた。それが神奈川・新子安の「和菓子処(どころ)桃太郎」(1917年創業)の「いち...

2019.12.18

読者会員限定です

読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

会員未登録の方

読者会員登録をして、記事を読む
(登録・利用無料)

よくある質問はこちら

読者会員の方

記事が読めなくなった場合は?

一般会員登録はこちら(無料)

一般会員でも楽しめる一部の記事閲覧と、クーポン・チケットストア・よみぽランドなど、お得なサービスが受けられます。

お試し新聞お申し込み[1週間無料]

KODOMO新聞中高生新聞も好評です!

あなたへのおすすめ記事

食感絶妙の皮とあん

宮崎県西都市の和菓子店「水野屋」(1913年創業)の「黒豆ボーロ」は、黒豆ならではのねっとりとした食感が楽しめる菓子だ。黒豆好きの4代...

2019.11.13

軽やかで輝く蜜

武家屋敷で有名な秋田・角館の名物のひとつが、かりんとうである。土産物店では、様々な種類のかりんとうが売られている。菓子店「ゆかり堂製菓...

2019.09.18

後味すっきり 白いあん

創業95年を迎える鳥取県米子市の老舗和菓子店「つるだや」に、「甘爐(かんろ)」という銘菓がある。ふっくらと蒸しあげた薯蕷(じょうよ)ま...

2020.01.29

もっちり 切り口の美

広島県尾道市の和菓子「中屋本舗」(1936年創業)の「鯨羊羹」は、白い道明寺と黒い錦玉の対比が美しい。もち米が原料の道明寺はもちもちと...

2019.07.24

後味良い 品あるこしあん

奈良市の旧市街地「ならまち」は細い路地や古い町並みが残る、そぞろ歩きの楽しいところだ。その一角に1897年(明治30年)創業の和菓子店...

2019.08.21

砂糖衣カリッ あん軟らか

食べるのがもったいない。京都の和菓子店「亀屋友永(ともなが)」の「小丸松露(こまるしょうろ)」を見て思わずため息をついた。小箱に梅の花...

2020.01.15