香ばしく冷めても美味

東京・柿の木坂の環状7号線沿い。大きな銅ぶきのドーム屋根が目印の「華空間」は、1971年創業の広東料理の店だ。メインは海鮮中華料理。献...

2019.09.11

読者会員限定です

読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

会員未登録の方

読者会員登録をして、記事を読む
(登録・利用無料)

よくある質問はこちら

読者会員の方

記事が読めなくなった場合は?

一般会員登録はこちら(無料)

一般会員でも楽しめる一部の記事閲覧と、クーポン・チケットストア・よみぽランドなど、お得なサービスが受けられます。

お試し新聞お申し込み[1週間無料]

KODOMO新聞中高生新聞も好評です!

あなたへのおすすめ記事

コラム

あぶって広がる味わい

今から400年ほど前の大航海時代、南蛮貿易の中心地として栄えた長崎・平戸は、異国人から「フィランド」と呼ばれたという。日本の旧家の正月...

2019.04.04

硬く仕上げたみそ漬け

21世紀に入る前に、各地に残る伝統の豆腐料理を調べたことがある。豆腐のみそ漬けを作る家庭が意外に多くあることに驚いたものだ。保存食とし...

2019.08.14

とろける 白豚の黒糖煮

沖縄でよく食べられる食材と言えば、豚肉だ。黒糖でじっくり煮込んだものやいためた品など、特徴ある料理が毎日の食卓に上る。那覇市の台所と言...

2019.07.03

豚・鶏肉スープ練り込む

昨年、知人から暮れのご挨拶にと、水餃子をいただいた。いつもちょっと差がつく贈物を下さる方なのだが、今回はさらに感心した。それが「王さん...

2019.07.31

通好みアユ内臓の塩辛

アユの季節が到来している。その内臓や卵(卵巣)などで作った塩辛は、「うるか」と呼ばれる。通好みの酒の肴として大切にされてきており、昔は...

2019.06.19

脂のうまみ 辛さとマッチ

創業60年以上の「中島商店」は元々、海産物を扱う小売店だったとのこと。辛子明太子を製造販売し始めたのは、1981年。その4年後には、明...

2019.07.17