2人の「通」を案内役に、限定30人

 フランス南西部のコニャック地方で、厳格なルールに基づいて造られる高級ブランデー「コニャック」。入手困難な100年以上熟成させた逸品をテイスティングする豪華リアルセミナーを12月5日(日曜)、東京都内で開催します。
 フランスのコニャック協会から日本唯一の「コニャックエデュケーター」として認められた鯉沼(こいぬま)康泰(やすひろ)氏と、洋酒文化の普及を目指す「酒育の会」代表の谷嶋元宏氏を案内役に、100年以上熟成の2種と50年以上熟成の3種をテイスティングします。限定30人、参加費は2万4000円(税込み)です。
 

時を超えた「蒸留酒の王」

 コニャックは、白ブドウから造ったワインを2度蒸留し、オークだるで最低2年間、熟成させたもの。熟成年数に応じて、「VS」や「VSOP」「ナポレオン」「XO」などと分類されます。ウイスキーの熟成期間は50年程度が限界といわれるのに対し、コニャックはものによっては100年以上の熟成が可能で、200年以上熟成させたものがオークションに出品されることもあります。
 ブランデー好きの方はもちろん、「ウイスキー好きだけど、コニャックはあまり飲んだことがない」という方にも楽しんでもらえる、貴重な機会です。
 主催は、読売新聞東京本社クロスメディア部が事務局を務める「蒸留酒の王・コニャックを味わう」実行委員会です。申し込み、テイスティングするボトルの詳細などはサイト(https://idea-yomiuri.en-jine.com/projects/cognac)から。

★申し込みは締め切りました。定員を超え、実施が決まりました。ご応募ありがとうございました。

あなたへのおすすめ記事