読売新聞に掲載されたレシピや料理をまとめて紹介している「グルメ部」。今年も注目のシェフや料理研究家らプロのレシピを日々公開してきました。コロナ禍で、家で料理をする機会も増えた2020年、親指マークの「いいね!」を多く獲得したレシピをまとめました。

スタミナ冷ややっこ

ナガイモにマグロ、トビコ、タクアン、天かすなどを豆腐にのせるだけの簡単レシピ。絶妙な組み合わせで食感が楽しく、食欲がない時でもつるりと食べられます。
スタミナ冷ややっこ

鶏ゴボウご飯

あらかじめ味付けした鶏とゴボウを炊きあがったご飯に混ぜるだけ。炊き込みご飯より楽ちんで、挑戦しやすい鉄板レシピです。新米でぜひ。
鶏ゴボウご飯

ハムチーズ入りポテトガレット

冷蔵庫に残っているスライスチーズとハムとジャガイモが、おしゃれに変身。ガレットとは、丸く平らなものをさすフランス語。外はカリッ、中はトロッとしていて、ワインにも合いそう。
ハムチーズ入りポテトガレット

野菜たっぷり簡単ミートソーススパゲティ・アボカドと豆腐のピリ辛サラダ

水曜朝刊「食」の「コンロ一つでも大丈夫、効率的調理のコツ」から2品。多めのソースでパスタをゆで、ポリ袋でサラダを作るといった狭いキッチンを有効に活用する技が支持されました。
コンロ一つでも大丈夫、効率的調理のコツ

甘酒レモンジンジャーシャーベット・甘酒プリン・キウイとアボカドの甘酒スムージー

「食」の「甘酒で暑さ乗り切る、まろやかスイーツ」から3品。市販の甘酒を活用して手軽に作れます。夏だけでなく、お正月のデザートにもなりそう。
甘酒まろやかスイーツ

ミョウガ甘酢漬け

イラストレーターのこぐれひでこさんが自分の家の食卓を紹介する「こぐれひでこの食悦画帳」から「ミョウガ甘酢漬け」がランクイン。2004年から読売新聞で連載を始めたこぐれさん。新たな味を見つけ、作る楽しさがイラストと文章から伝わります。今回は庭で収穫したミョウガを使って自家製の甘酢漬けに挑戦。
ミョウガ甘酢漬け

グリルアスパラの三色カップずし

ターメリックと抹茶、トマトペーストで色づけたカラフルな酢飯と焼き野菜をカップにいれて。おもてなし料理にもぴったり。
グリルアスパラの三色カップずし

厚揚げとひき肉のピリ辛いため

定番のおかずほどプロのレシピで分量を覚えておくと間違いありません。厚揚げにキャベツが加わり、ボリュームのある一品。トウバンジャンを使った本格的な中華味なのに、手軽にできるのも魅力。
厚揚げとひき肉のピリ辛いため

油揚げのピザ

油揚げがなんとピザの生地に! ちりめんじゃことネギに黒コショウをきかせた和風、ウィンナーにピーマンで洋風の二つの味を紹介しています。手軽な夜食や、ちょっとしたおつまみにも。
油揚げのピザ

アップルケーキ

旬のリンゴを使ったアップルケーキ。「きょうのひと皿」では、週に一度、作り方を動画で紹介しています。レンジで加熱したリンゴをバターを利かせた生地に混ぜて焼くと、優しい甘さのケーキができます。
【動画】アップルケーキ

番外編・こんな記事も読まれました

こどものお留守番ご飯
 コロナ禍で休校になって、家でお留守番する子どもたち向けの簡単レシピを集めたまとめページも読まれました。電子レンジでチンするだけなど、簡単な料理を紹介しています。

一杯の幸福
一杯の酒のグラスに込められたたくさんの思いを伝えるコラム「一杯の幸福」。イギリスのパブから路地裏の居酒屋までを得意とする小坂剛記者の連載です。

試食した記者が思わずうなった…また食べたい「きょうのひと皿」10選
 担当記者が食べて選んだレシピを集めたまとめページ。おいしさのポイントを確かめて。


・すべてのレシピを見る・
読売新聞オンラインのご利用登録が必要です


よみぽランドでお米当たる

あなたへのおすすめ記事