チョコを溶かして泡立てて。板チョコとは思えない口溶けのよさ

  • 熱量:70kcal(1個分) 日持ち:冷蔵庫で約1週間

材料

〈口径3cmのチョコカップ10〜12個分〉

板チョコレート(ブラック) 2枚(100g)
はちみつ(あれば) 小さじ1
生クリーム 50cc
トッピング
 フリーズドライイチゴ(フレークタイプ) 適宜
 アラザン 適宜

下準備
★絞り出し袋に星形の口金をつける。

調理工程

湯せんにかける
チョコレートは溝に沿って割り、ボウルに入れます。はちみつを加えます。このボウルより口径の小さい鍋に70〜80度の湯を張って、チョコレートを入れたボウルを重ねます。1〜2分おいてから、泡立て器でゆっくり混ぜて溶かします。

生クリームを加えて泡立てる
1のボウルを湯せんから外して、生クリームを加えて混ぜます。ボウルの底を氷水にあてて冷やしながら、生地がもったりするぐらいまで泡立てます。

絞り出す
絞り出し袋を半分ぐらい折り返して片手で持ち、カードなどで2を入れます。カップに渦を描くようにして絞り出し、好みでフリーズドライイチゴ、アラザンをあしらいます。冷蔵庫で20〜30分冷やし固めます。

調理指導
ムラヨシマサユキ
パン・菓子研究家。製菓学校卒業後、パティスリー、カフェ、レストラン勤務を経て独立。「家で作るからおいしい」をコンセプトに、くり返し作れるシンプルなレシピを提案、多方面で活躍中。『ムラヨシマサユキのお菓子 くりかえし作りたい定番レシピ』(西東社)、『ムラヨシマサユキのチョコレート菓子』(グラフィック社)、『CHOCOLATE BAKE』『CHEESE BAKE』(以上、主婦と生活社)など著書多数。

■お料理の前に必ずお読みください

※大さじ1=15㏄、小さじ1=5㏄、1カップ=200㏄です。
※電子レンジの加熱時間は600W出力のものを使用した場合の目安です。
 500Wの場合は加熱時間の目安を1.2倍にしてください。

※各栄養データは「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」をもとにしています。
※各栄養成分の健康効果は、通常の食事の範囲内での摂取量を基準にしています。

あなたへのおすすめ記事